投資家の知りたいこと

個人投資家の情報まとめブログです。2018年も良い年になりそうですね。

仮想通貨が今後も上がる理由、BTCビットコインやMoneroモネロ、NEMネムの共通点、2017年振り返り

2017年から2018年へ仮想通貨は止まらず、上昇を続けています。なぜ仮想通貨が上がるのか、今年の仮想通貨の上昇に理由をまとめ、今後の動きをまとめます。

 

2017年春~

仮想通貨の時価総額に占める割合は中国が高かったが、日本が逆転し始めた。

 

2017年夏~

ICOバブル到来、上場すれば何でも儲かってしまうような状態。

新しい取引所が出来るたびに、採用された通貨が上がる。(主に韓国取引所

 

2017年秋~

新しい取引所、採用された通貨が上がる。(世界中に拡がる)

 

2017年冬~

仮想通貨のETFの採用が決まり、期待で上がる。

実社会での仮想通貨の利用の発表で上がる。(リップルXRPやダッシュDASHなど)

 

2017年は仮想通貨にとって転機の年であったことは間違いがありません。2017年を振り返ると、前半は期待によるバブルのような現象が起きており、誰もが参加すれば儲かるような状態でした。2017年後半は、仮想通貨が実社会に浸透していくようなニュースが増えてきています。

 

もうすぐ米CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)にビットコイン先物指数が上場します。日本を含め、他にもビットコインの指数を検討している取引所があります。今後もこの材料で上がる可能性が残っています。

 

実社会での仮想通貨の利用場所の拡大が目立ってきたように感じます。それはリップルのような大規模なプラットフォームの実現が迫ってきていることや、仮想通貨決済が出いる実店舗が増えているといった個人利用の拡大にも及びます。

 

また最近の仮想通貨の上昇は、通貨自体の価値が上がれば、更に上がると予想できそうです。直近ではNEMネムが中国Wechatに採用され、実際にシステムに組み込まれたと発表がありました。その数日で約150%も急騰し、1NEM=60円台の新高値を付けました。

 

筆者も時価総額上位10位くらいまでは、公式HPや関連ツイッターをいつでも見られるようにしたほうが良いのかなと思っています。

 

また、このあたりではどの通貨も高値で買いにくいと心理的には感じますが、前日よりも10%以上下がっていたら少しでもいいので買い増しをするといったマイルールを作り、市場に向き合いたいと思います。