仮想通貨と株式投資~There is something that I want to tell you.~

仮想通貨、ビットコイン、株式、関連書籍について書いていきます。

専業主婦はiDeCoイデコよりもつみたてNISA&専業主婦が投資家を目指すべきいくつかの理由

最近、税金の制度が増えたので、お得ならやりたいという方も増えたと思います

。しかし、どれが自分にとって一番良いのか分からない方と多いと思います。

そもそも投資や運用には不安が残るという方もいると思います。実は投資や運用をしないことによるデメリットもたくさんあります。みなさんのモヤモヤを解決し、素敵な投資生活を始めましょう。

 

まずはつみたてNISAから

投資初心者の主婦は、まずはつみたてNISAから始めましょう。つみたてNISAは節税対策に加えて、たくさん良いところがあります。

 

つみたてNISAなら良い商品が買える

→つみたてNISAで購入できる商品は投資信託という集めたお金をテーマや分野を決めて運用してくれる商品です。投資信託は投信と略され、ファンドとも呼ばれています。国内には約6000本の投資信託がありますが、つみたてNISAで買える投資信託金融庁が選んだ約120種類に限られています。

内容が良いもので、購入時にかかる手数料がなく、保有している間の信託報酬と呼ばれる手数料が低く適正なものが選ばれています。

つまり、投資が失敗しにくくなります。

 

毎月積み立てて、売却は好きな時に出来る→つみたてNISAは名称の通り積み立てて資産を増やす投資です。毎月一定の金額を積み立てます。毎月積み立ては価格が安いときにたくさん購入することができ、価格が高いときには購入する量が少なくなります。コツコツ積み立てると、ひと単位あたりの買った価格が押さえられるので、運用成績が良くなります。

また売却は好きな時に出来ます。もしその時に利益が出ていれば、本来は利益に対して20%課税されるところが非課税になります。10万円の利益で売却したら2万円課税になるところが非課税になります。

 

ではiDeCoイデコと比較すると

イデコは確定拠出年金のことです。

積み立てNISAと同じように毎月一定金額を積み立てて、利益に対して非課税になる制度です。60歳になると年金や退職金のように受け取れます。毎月積み立てた金額分の所得控除が使えます。

 

つみたてNISA

月額3.3万円、年間40万円まで

良い商品がある

売却益か配当に対して非課税

いつでも引き出せる

 

イデコ

月額2.3万円まで(年額27.6万円)

利益が非課税

60歳まで引き出せない

積み立てた金額が所得控除になる

 

60歳になるまで積み立てたお金を引き出せない→イデコは何があっても60歳まで積み立てたお金を受け取ることが出来ません。もし、毎月の積み立てをやめても、それまでに積み立て金額は60歳になるまで引き出すことが出来ません。お得だからとたくさん積み立ててあとからお金に困ってしまってもどうしようもないのです。

 

専業主婦は所得税控除は意味がない→イデコのメリットのひとつに課税対象になる収入から積み立てた金額分を引くことが出来るという仕組みがあります。払った分だけ収入が減ったと見なし、所得税の計算がされるので、税金が減ります。

しかし、専業主婦や扶養の範囲内で働いている方はそもそも所得税は払っていませんので、引くものがありません。

 

よって、いつでも引き出せすことが出来て運用の利益の非課税が利用できる積み立てNISAの方が主婦にとってはオススメと言えます。積み立てたNISAは非課税期間が20年になり、従来のNISAの5年から使いやすくなりましたのでぜひ利用してみてください。

 

おまけ

主婦が投資家を目指す魅力

証券口座には特定口座というものがあり、税金管理をすべて口座内で完了させることができます。つまりどんなに運用で稼いでも