仮想通貨と株式投資~There is something that I want to tell you.~

仮想通貨、ビットコイン、株式、関連書籍について書いていきます。

【ESG投資】投資信託、中長期投資、コーポレートガバナンス、ROE、GPIFは今年ESG指数を設定するか

コーポレートガバナンスとは企業が株主価値最大化を追求するか監視する制度である。

日本は他国よりこの考え方が遅れているようだ。国内株式はまだまだ正常に機能していないだろう。もっと国内株式の株価は選別をされながら水準が上がって良いはずである、という内容が「生涯投資家 村上世彰」の本の前半に書かれていた。

私は本を読み始めたときに、ふと頭に浮かんだのがESG投資だった。ESG投資が国内株式にも浸透すると思ったのだ。ここでなんとなくを解決して今後に活かしてもらえたら幸いである。

 

ESG投資とは

環境上の問題に対応し、従業員を守り、公正な競争下で真摯に向き合い、株主価値最大化を追求する、長期的に企業の価値が向上していくであろう企業へ投資をすることである。

つまり、今まで環境に優しい企業になろう、社会に貢献しようだとか、社外取締役を機能させてガバナンスをしっかりしよう、ROE(資産効率)を意識しようだとか個別に言われていたものすべてに対応する姿勢を持ち、かつ株主利益最大化を目指す、本質的に成長をする企業へ投資をしようという時代がとうとう日本にもやってきたのである。

 

最近の出来事

年金積立金管理運用独立行政法人GPIFが2015年9月にESGを原則に掲げる国連責任投資原則(PRI)に署名をした。

・2017年のどこかでGPIFは国内株式のESG指数が公表されるとしている。

(例えば、米MSCIMSCI World ESG Index など)

ESG投資は欧州ではすでに主流となっており、アメリカ、カナダでも投資金額が増えている。日本は2014年に至ってはほぼ投資されておらず、2016年でようやく欧州の約4分の1程度の規模になった。(世界のESG投資金額は2016年で228,900億USドル)

 

合理的なESGの投資手法

環境問題等に配慮した投資を普及させるための国際組織GSIAは、具体的な投資手法を7つに分けているが、これがとても印象的である。

1、ネガティブスクリーニング

不適切だと判断したら、あえて投資をしないとはじく手法

2、ESGインテグレーション

非財務情報を企業価値に組み込む手法

3、エンゲージメント、株主行動

株主もESGを意識し積極的に働きかけること、物言う株主になること

4、国際規範に基づくスクリーニング

ビジネスと人権とはというような内容でグローバルに受け入れられる規範による分別

5、ベストインクラス

業種毎にESG投資の成果の良い企業をピックアップする

6、サステナビリティ

環境問題に配慮した上で持続可能な経済発展を目指す企業を抽出する

7、インパクト投資

 様々な社会問題を解決しながら高い収益を追求する企業へ投資する

 

ESG投資関連の投資信託

・CAM ESG日本株ファンド

2017年1月に設定、ESGをテーマにしたものは現在この商品のみ

<その他 類似商品>

・シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ

スパークス日本株式スチュワードシップ・ファンド 愛称 対話の力

 

昨今、長期投資が見直されてきている印象がある。

国内株式のそれとなく動いていた株価が適切に評価される時代がきたようだ。

 

今まで安定した企業と好まれていた株式が一転して評価されなくなることがあっても、

国内株式の全体の株価の底上げという点は期待できると思う。

個人的には半年ほど前から注目され始めた中小型株の中にESGで評価をされる株はたくさんあるように感じる。

 

ESG投資は成長し続ける企業に寄り添う投資なので、短期的には調整相場になったらそれは下がると思う。そのあたりで拾って長期で保有をしておきたい。

 (私はCAM ESG日本株ファンドを買ってみました。様子を見ながらコツコツ買い増ししたいと思います。