仮想通貨と株式投資~There is something that I want to tell you.~

仮想通貨、ビットコイン、株式、関連書籍について書いていきます。

【株価下落】2017年株価、暴落なるか、年末にボトム、FANG銘柄に冷ややかな視線

日経平均は2万円付近から動かない、米国株も21,000ドル付近から大きく上げる局面は最近では見られない。今年は昨年からの上昇の反動を受けるのか、懸念事項は事前に頭に入れておきたい。

 

昨日発売の日経ヴェリタス(2017.7.9)の放電塔(金融貴社座談会)では、

・FANG銘柄から見られる株価下落の兆候

・経済サイクルによる今年の年末下落の懸念

が話題になっていた。

 

FANG銘柄から見られる株価下落の兆候

フェイスブック、アマゾン、ネット不リックス、グーグルでFANG銘柄になるが、

アマゾン、グーグルが1000ドルを超えたあたりまでは良かった。市場もIT関連株が上がっていくことにないしてポジティブに受け止めていたし、S&Pも堅調に推移していた。バリュー的にも問題はなかった。

また、本日の日経ヴェリタス6.25-7.1第485号では、ITバブルの再来ではなく、相場水準としては割高ではないという記事がありました。2000年のITバブルではIT分野のPER約70倍に達しており、現在は24倍くらいだそうです。グーグル(アルファベット)のPERを見ても30倍前後なので割高すぎるということはないと思います。

【One Tap BUY 】ワンタップバイで(アマゾン、グーグル)を購入、積立、手数料、少額投資でも納得のいく運用を。 - 仮想通貨と株式投資~There is something that I want to tell you.~

 

しかし、1000ドルを超えてからは様相が違う。IT企業が大きくなりすぎて、独占的だと取り上げられることが増えた。グーグルのEUでの罰金を始め、否定的にとられるようになった。日経新聞でもかなり冷ややかな記事が本日の朝刊に取り上げられていた。

(FINANCIAL TIMES)傲慢なIT企業はご用心 グローバル・ビジネス・コラムニスト ラナ・フォルーハー :日本経済新聞

 

経済サイクルによる今年の年末下落の懸念

「7」のつく年は年末に相場が荒れるジンクスがあるそうだ。1997年のアジア通貨危機、2007年の米住宅バブルの崩壊、 そして今年は2017年である。

 

今年は世界的に金利が上がり出している。日本も多少なりと影響を受けているので、このまま低金利で円安と上手い具合にもいかないかもしれない。

 

強気相場のときこそ、事前の準備を怠らずにしたいところだ。