仮想通貨と株式投資~There is something that I want to tell you.~

仮想通貨、ビットコイン、株式、関連書籍について書いていきます。

【イーサリアム】下落したEthereum、仮想通貨に波及した売りの原因、GDAX取引所クラッシュ、StatusのICOによるETHの売りが発信源か。

イーサリアムでの出来事から現在仮想通貨が暴落をしています。どうやら原因となった出来事はふたつあるようで、ほぼ同時期に起きたので仮想通貨市場は大混乱しているようです。

 

出来事1:GDAX取引所のフラッシュ・クラッシュ

6月20日現地時間12:30頃、GDAX取引所で売りが売りを呼んで一時無価値に近い10セントになってしまったという事件が起きた。イーサリアムは取引量が許容範囲を超えていると言われているが、取引所の脆弱性も加えてこのような結果となった。これによりイーサリアムはスケーラビリティの問題を抱えていることが、明るみになった。

 

出来事2:StatusのICOでの問題

6月20日にStatusでICOという資金調達の募集が始まった。Statusという企業は、AndroidiOSをターゲットとするイーサリアム上に無料のオープンソースのモバイルを提供する企業である。今回のICOは超大型となり、申込者はイーサリアムを送金し、Status独自のトークンを手に入れられる訳である。企業側はICOという資金調達で大量のイーサリアムを手に入れたのだが、それをどうやらFIAT(法定通貨のことで、ドルや円など)に交換することを発表したのである。これによりイーサリアムの市場の評価も下がり売りのきっかけのひとつになったと言える。

 

今回の出来事について

特にイーサリアムについて言えるが、仮想通貨のスケーラビリティの問題が明るみになった。取引が増えるほど膨大な取引量の記録をしなければならないが、技術が追い付いていないところもあるのだろうと考えられる。

 またICOの本質的な価値についても考えなければならないだろう。ICOで手に入れたトークンをすぐ売却して仮想通貨にして、それをドルや円に戻すことだけがICOの魅力ではないはず。トークンが株式のように成長するようにならなければいけないと思う。ICOで上場した企業も日が浅くデータが取れないこともあり未知数ではあるのだが、本日を失っているように感じる。

 

まとめ

不完全な技術を大衆が迎合するには時間ががかかりそう

ビットコインのSegwit2xへのUASFへ期待

 

イーサリアムの新しい動きについてはこちらでも取り上げました。

【仮想通貨】LTC、XRP、ETH、上昇と下落の理由、ライトコイン、リップル、イーサのこれからを考える。 - 仮想通貨と株式投資~There is something that I want to tell you.~

 

急いで書いたので、ご指摘があれば頂きたく存じます。

参考までにどうぞ。

【One Tap BUY 】ワンタップバイで(アマゾン、グーグル)を購入、積立、手数料、少額投資でも納得のいく運用を。

 

ワンタップバイを真剣に考えるようになったのは、日経ヴェリタス2.12-18第466号の特集で大きく取り上げられたときのことです。

 

その後すぐに口座を開設して購入を開始。その後、おつりで投資をするサービスが海外で生まれてきていることなどが度々取り上げられているのを見て、誰もが投資をできる機会に恵まれている時代になったと感じました。

 

ワンタップバイは国内のETF3銘柄と米国株式30銘柄の扱いがあります。スマホのアプリもとても分かりやすくできていますので、今後日本株式の追加を切に願っている筆者がおります。

 

米国株式の投資の魅力

日本株式と米国株式を比べたら、やはり米国株式の方が強いんですよね。日経平均株価はバブルのときの高値を抜けていませんが、ダウはリーマンショックを乗り越えて最高値を更新し続けています。米国株式投資を20年続けたら負けなしという試算もあります。ただ、米国株式市場に直接取引をするのはなかなか初心者にはハードルが高い…そんな中で生まれたのがワンタップバイで、取引は基本いつでも出来て、購入金額の大小に関わらず片道約1%弱と手数料も良心的です。これなら続けられると2017年3月に口座開設をしました。

 

www.onetapbuy.co.jp

 

アマゾン、グーグルを購入。

 さて、何を買おうかと考えたときに、FANG銘柄が米国株式を牽引しているということは新聞で目にしておりましたので、

F=フェイスブック

A=アマゾン

N=ネットフリックス

G=グーグル(アルファベット)

 

 

特に成長しそうだなと感じたアマゾンとグーグルを買うことを決めました。その時の株価は確か両者とも850ドルくらい、現在は1000ドルを突破しています。

 

グーグル株1000ドル超え 一極集中リスクも (写真=ロイター) :日本経済新聞

 

その後のニュースでウォーレン・バフェットIBMではなく、アマゾンを買っておけば良かったという話題が出てきたりしました。

 

バフェット氏「失敗した」 アマゾン投資機会逃し後悔 :日本経済新聞

 

また、本日の日経ヴェリタス6.25-7.1第485号では、ITバブルの再来ではなく、相場水準としては割高ではないという記事がありました。2000年のITバブルではIT分野のPER約70倍に達しており、現在は24倍くらいだそうです。グーグル(アルファベット)のPERを見ても30倍前後なので割高すぎるということはないと思います。

 

アマゾンもグーグルも2017年第2四半期決算発表日は2017年7月27日となっておりますので、来月は株価の動きを見ていきたいところです。(米国株式は四半期決算の内容をとても考慮するからです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

【投資信託】ピクテ、ひふみ投信から学ぶ、長期分散投資とは、儲けるから守り育てる投資を考える。

何千もの投資信託がある中で、ピクテ・バイオ医薬品ファンドを見たときに驚きました。10,000円からスタートする基準価額が30,000円になっていたからです。約3倍になっています。レオス・キャピタルワークスひふみ投信は現在40,000円を突破しています。

 

どうして儲かっているのだろう、と調べると両者ともに継続して資産を守るためにというマインドが見えました。

『211年の歴史が生んだピクテ式投資セオリー 萩野琢英』を読んだ中から、特に大事にしたいと感じた事をまとめました。

 

物価上昇率に勝てる投資による資産の保全

日本もようやくインフレが見えてきました。もしインフレ率が年2%だとしたら…年間2%の利益では、ようやく資産価値が目減りをしないスタートラインに立っただけということになります。このたとえでは年間2%を超える利益を目指すこと、インフレ率に勝る投資の成果を出すということを意識し、短期的な利益を追求せず、自身の資産を守る考えを忘れずに投資へ向き合いところです。

 

債券投資だけではプラスにはならない

債券のほうが安全だと言わることが多いですが、必ずしもそうではありません。例えば、米国債券に10年投資した場合、5回に1回はマイナスになり、20年投資をした場合もマイナスになることがあるという試算があります。一方米国株式に10年投資をした場合10回に1回がマイナスになり、20年投資をした場合はすべてがプラスになりました。

世界的に低金利政策などの影響で債券の利回りは心強い運用方法とは言えなくなってきています。物価上昇率を上回ることも難しくなってきています。

 

グローバルに分散投資、リスクをコントロールする

徹底的に分散投資を行うことでリスクをコントロールすることが出来ます。例えば、米国株式が下がれば、日本株が下がるといった相関関係がある投資先に同時に投資をするのではなく、逆相関のある投資先に投資する、またリスクを減らすために配分を考えるリスク・バジェッティングの考え方に従います。

日本国債と世界株式の相関はおおよそ逆相関だと言えます。日本国債はリスクが2%、世界株式はリスクが21%あるとすると、世界株式のほうが日本国債よりも10倍近く変動します。このリスクを中和するためには日本国債を10倍多く保有すれば(ここでは日本国債91%、世界株式9%)、リスクを日本国債を100%保有したときと同程度で、収益率を上げることができます。

 

個人投資家投資信託のリスクを知ることができます。

モーニングスター社の投信情報サイトでは、標準偏差の項目で5年、10年のリスクが調べられます。一般的に20%を超えたリスクは高すぎます。また別の投信と比較するときには同じ年数で行ってください。

 

新興国株式への投資、リスクをコントロールする2

長期的な成長には、やはり人口増加をする国への投資をすることが大変魅力的です。しかし、中国株式のみに投資をしていたら、ロシア株式のみに投資をしていたら、リーマンショック以前の水準には未だ戻っていません。もし、新興国高配当株式へ投資をしていたら、リーマン以前の水準以上に価格は上がっています。多くの国に分散された株式ファンドにはリスクを減らしたうえで収益を確保できる土台があります。公益株とは電力やガス、水道など日常生活のインフラ事業を担う公益企業の株式です。景気に左右されず、業績が安定しています。

 

歴史はくり返す、金融相場のサイクルは5年~10年と言われています。その中で資産を守り、育てるためには、物価上昇率を考えること、リスクを意図的に配分すること、世界株式や、新興国株式へ投資をして収益を確保することを長期で目指すことが良さそうです。

 

人生を共にしたい投信を揃えたいところですね。では。

 

 

【人工知能】AI、機会学習、ディープラーニング、グーグルは「AIファースト」ヘ

グーグルは「モバイルファースト」から「AIファースト」へ舵を切り未来へ歩み始めています。私もアルファベットの株式をワンタップバイでこつこつ買い増しをしているのですが、実際のAIとは何なのかをまとめていきたいと思いましたので、書いていきます。


人工知能とは、知的な情報処理やその技術のことを指し、人間のように何かが出来るようになること、またはそれを超えるようなことが出来ると表現されています。

 

このニュアンスは機会学習、またその中のディープラーニングのことを言っているのですが、全部同じ意味のように聞こえますが少しずる違うので区別しておきましょう。

 

機会学習とは

『膨大な入力と答えのセットを通じて知識を獲得すること』である。

特に、画像データ等を一段階の処理では判断が難しく、同じデータを二段階、三段階と複数の段階を経て処理を行い、結果を導き出す技術をディープラーニングと言う。

機会学習のひとつがディープラーニングであり、その他の計算プロセスは、決定木、帰納論、ニューラルネットワークがあるのでひとつずつ確認していきます。

 

決定木

 Yes or No の分岐を繰り返して学習する。コンピューターがこれを学び、たとえば症状から病名を特定したりする方法。

 

帰納

AならばB、BならばCと論理式を学習する。これをつかってコンピューター自身が答えを出す。

 

ニューラルネットワーク

コンピューター上に、脳の神経細胞であるシナプスと同様な神経伝達の仕組みを作り、計算処理をする。人工的に作ったニューロンをノードと呼んでいる。

入力層、中間層、出力層を設定し、入力した信号の合計が決めた値(しきい値という)を超えたときに、ノードは信号を出力し、どのようにノードをつなぎ合わせていくか(重み付け)を考える。

※これだけ読むと難しいので、飛ばしてディープラーニングへ進んでほしい。

 

ディープラーニング

ニューラルネットワークの中間層を多層化し、数十、数百とノードを構成したものである。例えば画像認識をするときに、同じ画像を何度も何度もスクリーニングをかけて、これは女性の人間が微笑みかけている写真である、と言った判断をコンピューターが自分で判断できるようになうことである。

※以下グーグルが提供しているツールである。翻訳をかければ日本語も分かりやすく書かれているので、興味のある方はどうぞ。

 

playground.tensorflow.org

 

上記で機会学習の計算するモデルを紹介しましたが、機会学習の学習方法にはふたつあることも併せて覚えておきたいところです。

 

教師あり学習

これは犬ですか、これは猫ですかと正解・不正解の解答の膨大な量を蓄積していく学習。

強化学習

サッカーの試合を勝つために、繰り返し練習して価値のパターンを学び、その知識を膨大に貯めていく学習。

 

になります。少し前に話題になったアルファ碁は何回も何回も勝ち方を学び、最強になったということになります。機械学習ディープラーニング用い辿りついた結果です。

 

ディープラーニングは大量のデータがあり、複雑な問題の正解や解決の傾向を導き出すことが得意であるが、逆に1円単位のよう解には誤差を出すような苦手分野も存在します。また画像を見て、それが何なのか判断することはまだ人間の方が優れているようです。

 

AIは魔法のようなものではなく、膨大なデータの処理が出来るようになった時代だからこそ表舞台に出てきたと言えます。

しかし、ディープラーニングは前例を教えても、解き方を教えません、人間が思いつかないような答えを出してくることが可能性としてあります。シンギュラリティは近いかもしれませんね。

【仮想通貨】UASF、segwit(セグウィット)、ICO、ビットコインの知りたい現状をひとつに簡単にまとめました。

仮想通貨ビットコイン関連で最近目にするUASF、segwit(セグウィット)、ICOなど。ひとつひとつのキーワードを調べれば、簡単なものから難しいものまでたくさん情報が出てくるのですが、1ページにまとめた記事がほとんど見当たりませんでしたので作成しました。初心者の方や復習に、また時間のない方に参考にして頂きたいです。

 

UASF(User Activated Soft-Fork)

 今話題になっている理由は、ユーザー側は技術面の向上やそれに伴う混乱を防ぎたいという思いや、そうあることが全体のメリットになるという観点から多くの人がそうなるように願い主張をしているためです。

 ここで言う技術面の向上とは、segwit(セグウィット)のことです。データ量を小さくすることで取引処理能力を上げることが出来ます。モナコイン、ライトコインはすでに採用しています。

 UASFとは、マイナーに大多数の支持を不要としたまま実行するソフトフォークのことです。ソフトフォークとは、以前の仕様を残したまま、今後のすべての使用を変更する方法です。

 ビットコイン技術は話し合いで決められます。それをまとめているのがBIPという文章なのですが、BIP148には、2017.8.1~2017.11.15の間、segwitを採用しないブロックは拒否するようにするとなっています。そのため、8/1にUASFが起こるだろう、11月には答えが出るだろうと予測情報が出ているのだと考えられます。

 今回はソフトフォークをするはず、マイナーもそうするであろうと考えられますが、もしも採用がされなかったらここまで決まっていることが出来なかったら大混乱です。このような背景から中国のマイナー集団等もUASFを受け入れると発表しており、おそらくは大丈夫だとは思います。

 実際、無事にソフトフォークしたら、その前後にビットコインは上昇する確率は高いでしょう。8月か、11月あたりでしょうか。モナコイン、ライトコインsegwitが採用されたとき、価格は上昇をしています。動向を見守りましょう。投資チャンスはありそうですね。

 

ICO(Initial Coin Offering)

開発者側がトークと呼ばれる仮想通貨を発行し、資金調達をする方法です。株式で言うIPOです。ICOは投資してくれクリプト(仮想通貨)の量に対してその分のトークを発行します。クラウドセールとはICOの申し込み期間のことで、株式でいるブックビルディング期間になります。トークは上限が決まっていることもあれば無限に発行される場合もあり、株式のブックビルディングは抽選でなかなか当たらないことが多いですが、ICOはそのような制限がないので、実際に間に合うことも多いでしょう。しかし、まだ実例も少ない上に、よくない結果に終わったものもあるようなので現段階では投機的だと言わざるを得ません。

 

いかがでしたでしょうか。お役に立てましたら幸いです。

 

 

【半導体】半導体、液晶、有機EL、違いが分かりますか、これだけは知っておきたい基礎キーワード

週刊エコノミスト6/13号「有機EL半導体バブル」読みました。

ここでは、先に書いた有機ELとは別に半導体産業の動きについて考えていきたいと思います。

 

フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)は、

^SOX Interactive Stock Chart | PHLX Semiconductor Stock - Yahoo Finance

2017年3月に16年半ぶりの1000を突破し、ITバブル2000年以来の水準となりました。

しかし、今回はまだまだ勢いは続くように感じます。その理由をいくつか後述します。

 

現在、DRAM・NANDメモリーはともに価格が上昇を続けています。DRAMは読み書きが高速、電源を切ると情報が消えるメモリ、NANDは読み書きは遅いが、電源が切れても情報が切れないメモリです。さすがにスマートフォンやパソコン市場の需要は減っているようですが、今話題になっているのは、データセンターサーバーの記憶装置がハードディスク(HDD)からNANDフラッシュメモリにどんどん替えられています。理由は簡単で容量が増え続けている流れに対応するためです。(2016.10.25号週刊エコノミストにも詳しく載っているようです。)

また最近はIoTのキーワードをはじめ、自動運転、AI関連でも半導体は必須になり、半導体関連企業もどの方向へ進んでいくべきなのかを模索しているようですね。

 

インテル

2017年3月 先進運転支援システムの画像処理用半導体チップを扱うモービルアイを153億ドルで買収。

 

信越化学、SUMCO

ウエハーを扱う2強、ウエハーはメモリ価格の高騰に続く世に価格の引き上げが見られる。

 

ディスコ

チップの切断装置を扱う。消耗品のため半導体業界の伸びは業績安定につながる。

 

東京エレクトロンSCREENホールディングス

NANDフラッシュの積層化に力を入れている。価格の高騰しているNANDフラッシュメモリに付加価値を付けている。

 

米ICインサイツという半導体市場を調査してる企業によると、

2017年、年初5%成長を予想していましたが、4月には11%に情報修正してきています。また台湾TSMC、エヌビディアも伸びが大きそうなので、また個別に追っていきます。

 

取り急ぎ、よしなに。

【有機EL】半導体、液晶、有機EL、違いが分かりますか、これだけは知っておきたい基礎キーワード

週刊エコノミスト6/13号「有機EL半導体バブル」読みました。

半導体、液晶、有機ELまとめて話題になることが多いですが、ひとつひとつ説明できるようにしないと次に進めないなと思っていたところだったので、ここでは有機ELについてご紹介したいと思います。

 

 有機EL(Electro Luminescence)とは

量産はサムスンLG電子の2強

蒸着装置はキャノントッキ・アルバック

有機ELは、蒸着装置、タッチセンサー、発光材料が必要

 

有機EL(Electro Luminescence)とは、

 電気を流すと自ら発光する材料のことで、海外ではOLED(オーレッド)と呼ばれています。これが、液晶の次の技術と言われています。液晶はバックライトがないと光らないので、有機ELを使うことで、バックライトが使用しない分薄くすることができます。自ら発行するので消費電力は少なく、有機ELは高画質です。スマホ等のガラス基板をフィルムにすれば曲げることもできます。液晶と比較すると良いことだらけの有機ELをもうそろそろアップルが採用するようなので、時代はまさに有機ELになりました。

 

量産はサムスンLG電子の2強

 しかし課題もあり、現在量産できるのは、サムスンLG電子の2強のみなのです。ジャパンディスプレイ(JDI)や中国、台湾の企業も着手しているものの量産体制が確立していないのです。

 

蒸着装置はキャノントッキ・アルバック

 有機ELは真空空間で基板にその材料を吹き付けて生産します。赤緑青の3色を定位置に吹き付けるという技術を量産するラインを確立することはとても難しいようなのです。真空空間で基盤に吹き付ける装置は蒸着装置になるのですが、これはキャノントッキ、アルバックの2強になり、日本の企業が頑張っています。また、平田機工は蒸着装置の生産設備を供給しており、キャノントッキの製造ラインに取り入れられています。

サムスンはキャノントッキと組み、2007年から量産を始めているので他の企業と大きく差がついています。

 

有機ELは、蒸着装置、タッチセンサー、発光材料が必要

 現在普及しているスマホは液晶画面なので、有機ELへ買い替え需要があると考えると、伸びていきそうですね。有機EL関連ではそのタッチセンサーを担う住友化学、発光材料を供給する出光興産も注目です。